読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

東京タワー(港区芝公園)

スカイツリーにその高さと話題を譲っても、人気を保ち続けている東京タワー。 すごーく久しぶりに行ってきました。東京在住や在勤だと意外と行かない場所の1つ。

レトロ建築というとデザイン性のあるビルや住宅に気を取られるけど、昭和の建築として代表的な存在だと思う。

完工は1958(昭和33)年12月23日。戦後高度経済成長時代の好景気の1つ、岩戸景気が始まった頃。世間に活気も出て来たものの、日本人の4人に1人は栄養不足(厚生省調べ)、中国からの最後の引揚げ船が到着するなど、敗戦の色はまだまだ残っていたという。
(終戦から10年以上経っているのに)

まだ国がそんな状態のときだから、特別展望台より上の部分に使われた鉄材の原料は、朝鮮戦争後にスクラップされた米軍の戦車。それで「エッフェル塔より高い333m、世界一のテレビ塔」をたった15ヶ月で造ったのだから、さすがに世界も驚いた。工事に関わった人達は20万人以上に上ったという。

 

近くで見ると、鉄骨の組み方がすごい。
2011年3月11日の地震では、先端アンテナ部分が曲がったというが大きな揺れにしっかり耐えた。

背景と心意気にも驚くが、何より世界を驚かせたのは「命綱を使わず、わずか15㎝ほどの鉄骨の上を自在に渡り歩く」鳶たちの存在とその職人技。東京タワーは職人さんたちの手作業で作られた「手作りのタワー」。 

東京タワーの根元。この小さな足が333mを支えている。


構想が始まったのは、終戦から10年経った昭和30年。
テレビが新しい情報源・娯楽として普及しはじめ、電波塔が乱立される中、電波を管轄していた郵政省の浜田電波管理局長がある決断をする。

「各局の電波等を統合し、巨大な総合電波塔を建てる、これで一挙に関東一円をカバーする。」

「世界一の塔を造る。復興の確かな証として日本人に自信を与えたい」。

 

最初から333mという高さを設定したのではなく、台風や地震の影響を考えて設計したらその高さが必要になり、4,200トンにもおよぶ鉄骨を精密に組上げるという難工事に挑まなければならない。
しかし、財界も動き出し、映画会社や新聞社などから出資が集まり実現化に向かったそう。その時代の男たちは「造ること」を選び、強風や寒波にもめげず15ヶ月で完工させた。

本当に過酷な仕事だったと思うのだけど、そのパワーは一体どこから湧いてきたのだろう。

 

 

 

今はこんなビル群が見えるし、夜景スポットでもある東京タワーだが、建設当時の東京はどんな感じだったのか。

tokyobojo.exblog.jp

 

ルックダウン・ウィンドウと呼ばれている、床がガラス張りになった部分。

誕生秘話にも驚くが、多くの職人さんたちが造った東京タワーを、守り続けている人達が居ることも忘れてはいけない。こんな高い所で作業するってすごいと思う。

 

展望台のカフェ。

 

以前にはなかったが、中には神社が。
「大きな仕事」をする男たちを支えたのは恋心だったというのは有名な話、だからかな。

ライトアップも季節ごとに代わり、イベントも色々。詳しくはHPにて!

 

www.tokyotower.co.jp