読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

公園内のカフェ:日比谷松本楼(千代田区日比谷公園)

公園の中にあるレストラン。
日比谷公園の中にある「日比谷 松本楼」、100年を超える歴史を持つ老舗、個人的には大好きです!

都心には珍しい、緑に囲まれたオープンカフェ(だけど、実は激動の歴史)。

日比谷公園もこのお店も、100年間、時代の荒波にもまれてきた。

  • 日比谷焼打事件(日露戦争の賠償問題の不満から起きた暴動)など、様々な政治活動の舞台に。
  • 関東大震災で消失。バラックから再建。
  • 太平洋戦争勃発(日本に亡命していた孫文も訪れた)。大空襲が始まると日比谷公園は軍の陣地となり、松本楼は海軍の将校宿舎に。
  • 終戦後、GHQに接収され宿舎に使われる。
  • 1951年、GHQからの接収を解れ、再びレストランとしてスタート。
  • 1971年、沖縄返還協定反対デモが日比谷公園内で激化。左翼過激派が投げた火炎瓶が直撃、またもや焼失。
  • 1973年、全国にいるファンの要望に応えて再々オープン!


今では、スズメが警戒心を持たずにケーキをつまみに来るほど平和です。ありがたいことです。

ほかのお客さんも大喜び!多くのお客さんが好きなように食べさせてるからか、人の声にもシャッターの音にも驚く様子もなく、一心不乱にケーキをつつく。ケーキは甘さ控えめ!

日比谷公園の中はこんな感じ。