読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

[台湾]四重渓温泉:清泉日式溫泉館 ~旧・山口旅館(屏東縣・車城郷)

実は台湾も「温泉王国」。南部にある四重渓温泉(スーツォンシーウェンチェン)に行ってきました。台湾北部(陽明山温泉、北投温泉)、南部(泥温泉の関子嶺温泉)にある四大名湯の1つに挙げられ、その水質は台湾で一番いいという高評価。

 

今回は、日本統治時代の面影が色濃く残る旅館、清泉山荘に宿泊。
日本統治時代の名称は「山口旅館」。

 台湾に温泉を最初に見つけたのはドイツ人、温泉文化がないせいか、あまり利用されず。利用されるようになったのは、日本統治時代に入ってからだとか。四重渓温泉は、日本統治時代に開発され、昭和天皇の弟・高松宮宣仁親王がハネムーンにいらしたほか、高官が多く訪れたことでも有名。

露店風呂。
台湾では水着着用。水着も売ってたけど、1,500元~2,500元くらいだったような。南国らしくカラフルなかわいいものが多かったけど、他で買う方が安いと思う。

微妙にぬるっとした感じはするけど、滑らかな水質。

夜もいい感じ。

宿泊費は、意外とリーズナブルなうえに、シーズンオフの平日は割引があるらしく、洋室二人部屋で2,400元位(一人当たりにすると、1,200元)だったような。お部屋のタイプは、愛媛二人房(二樓)。

通常は、3,600元位らしい(時期や部屋によっても異なるので、要・確認)。部屋のタイプは「二人用洋室2F」。このお部屋は何だかかわいすぎるので、女子旅向け。和室もあるみたいですよ。

鍵がすごいレトロ。

 

ちなみに、ここまでどうやってきたかというと、

  1. バスで「恒春」のターミナルまで行く。
  2. さらにバスを乗り換え「車城」まで行く。
  3. そこからタクシーで15~20分ほど(墾丁から四重渓を回る路線もできたらしい)

ホテルによっては車城までの送迎バスがあるらしいので、ホテルにご確ください。
HPはこちら↓(日本語あり。音が鳴りますのでご注意ください)

www.since100hotspring.com.tw


所在地:屏東県車城郷温泉村文化路5號
電話:(08)8824120