読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

[台湾]ノスタルジックな港町:鹿港(彰化縣鹿港鎮)

台湾中部の人気スポット「鹿港(ルーガン、台湾語:ロッカン)。
台湾文化史の「鹿港期*」を築き上げたほど、栄えていたところ。
*鹿港期:大陸との交易による経済力を背景に多くの文学者や書家を輩出した。全盛期は1785年~1845年頃。

中国・福建との貿易港だったが、日中戦争が始まると貿易は断たれ、日本統治時代に入ると衰退してしまったが、建築芸術などは今でも当時の面影が残っている。

まずは、鹿港・天后宮にお参りさせて頂くことに。三川殿(前殿)・正殿・後殿で構成され、入ってすぐの三川殿の賑わいと彫刻はすごい!屋根の装飾は泉州の建築芸術。

 

台湾は、実に神様だらけ。
仏教、キリスト教、イスラム教、儒教、天理教もあり。中でも、道教がもっとも広く親しまれ、真っ赤でド派手な廟には、老いも若きも押し寄せます。すごくエネルギッシュ。ちょうど何かのお祭りだったのか、パフォーマンスをやっていた。

気分だけ一緒に・・・

┌(_Д_┌ )┐  ぅおりゃあああ

 

神様もド派手に祀られていて、東京から2,000㎞ちょっと離れただけで、こんなに色彩感覚が違うのかと。

ここに祀られているのは、航海の安全を守る道教の女神「媽祖」。台湾、福建省・広東省で強く信仰されている神様。伝承によれば、宋代に実在した官史の娘・黙娘が神となったとされている。現在では、万物に利益がある神とされている大人気の神様。

せっかくのご縁なので、私も「拝拝(パイパイ)」をさせていただくことに。拝拝とは、道教の神様を拝むこと。台湾人のみなさんがお参りの仕方を教えてくれました。確かこんな感じ、参考程度に。

  1. お参りをする前に、お供物(紙束)を奉納。
  2. 香(シャン)というお線香を購入。お線香というよりジャンボ・ポッキーをさらに大きくしたようなものが数本束になっている。
  3. 着火場で全部の香に火をつけて神様の前へ。その香を捧げ持ちながら、3回礼をする(拍手は打ちません・笑)。
  4. お祈りをして2~3本の香を神様の前に立てる。
  5. 様々な神様が一緒に祀られているため、時計回りに移動して順番にお参り。それぞれの神様の前で香を立てていく。

日本では横浜中華街、箱根や長崎などでお参りすることができるそう。

 

     *  *  *  *  *

鹿港(ルーガン)の見どころの1つ。
細く曲がりくねった細い道にレンガ造りの高い壁。ここを曲がると、さっきまで目を開けているのがつらいほどの強い風と砂埃が嘘のよう。

このあたりは旧暦の中秋節が過ぎると、「九降風」という季節風がかなりの強さで吹き続けるため、強風や砂埃を防ぐために、わざとこうして曲がりくねらせて作ってあるのだとか。

寒い時期には防寒の役目も果たしていたらしく、なるほど、言われてみると少し暖かい。

昔は出入り口に扉を設けていて、盗賊の侵入も防いでいたようです。仮にうまく侵入したとしても”袋の鼠”、そう簡単に逃げられなかったんじゃないかなあ。昔の人の知恵とか、互助の精神を感じる。

奥へ行くほど、カーブは緩くなり道も少し広くなっていき、井戸場もあった。建物はかなり老朽化していて空き家もあるが、普通に人が住んでいる。

こんなに狭くても、原チャリも通ってます(OKなんだ?)。

ちょうどその上、渡り廊下のようになってる部分が「十宜樓」。

十宜とは「宜琴、宜棋、宜詩、宜酒、宜畫、宜花、宜月、宜博、宜煙、 宜茶」の十個の“宜”のこと。

かつて、鹿港が港町として栄えた時期、ここで毎晩、文人達が集まっては、月を眺め、詩を詠み、書、琴、酒、花、茶をたしなんだそうですよ。

 

子供達が駆けずり回り、お守り役のちょっと年上のおねえちゃんが叱ったり、転んだ子をやさしく起こしてあげたり、一人で何人ものちびっ子達をよく面倒を観ているような光景にも出会った。

中国でも台湾でも、ちょっと田舎の方へ行くとこうした光景は珍しくない。戦前生まれの方は、戦中・戦後の貧しかった時代の、まだ幼かった弟や妹たちの姿をそこに見るような気がして、本当の懐かしさと慈愛がこみ上げてくるとか。

過酷な時代を、少しでも人間らしくあろうと律したり、愛情を注いだりしながら、長く生き抜いてこられたからこその感情。そう思うと、私達のように豊かな時代に生まれ育った世代には、そこまで深い感情は味わえないのではないかと思ったり。

 

貧しさの中に豊かさがあって、豊かさの中に貧しさがあって、私達の世代は後者かな。

 

     *  *  *  *  *

歩いてるとお腹が空くが、台湾の人達はさっき食べたばかりなのに、またすぐ食べ物を探す。鹿港は何がおいしいか聞くと、鰻や牡蠣、アサリや小エビなどがよく捕れ、これらを使った屋台料理はおいしいとか。「彰化の屋台料理は鹿港に始まる」と言われるほど、実はB級グルメの宝庫だそう。

何がおいしいかと、聞いたら

「蝦猴酥(アナジャコのから揚げ)」。
「蚵仔酥(牡蠣の包み揚げ)」
「蚵仔煎(オアジェン・牡蠣の卵とじ)」

夜市の人気メニューの蚵仔煎は、鹿港が発祥らしい。

その他、「カラスミ」、「エビ団子」、「猿蝦揚げ(シャコの中華風バジル揚げ)」、「塩味付け蛤」などもおいしいそう。

 

◆肉包屋さん「振味珍(ゼンウェイゼン)」
赤い看板が目印。現在8代目の老舗で、肉まんや中華蒸しパンが大人気。ここが世田谷区の肉まん屋「鹿港」の原点だそう。

日本のテレビ局も取材に来た様子。「日本富士電視台」「日本朝日電視台」とあったから、フジテレビとテレビ朝日でしょうか。

自分が日本人なので、つい日本統治時代のものに気持ちが行ってしまいがちだが、泉州の装飾など福建省の人達が来た時代の台湾の様子をちょっぴり想像できる場所だった。

以前より中部へにも行きやすくなったので、お時間のある方は是非。鹿港へのアクセス方法はこちら。

旅々台北.com【台北遊透隊】初めてなのに懐かしい 今と昔が重なる街 鹿港:古道と老街:九曲巷/十宜樓/摸乳巷