読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

古い駅舎が好き:東京編(1)

新しい駅はきれいで便利だけれど、古い駅舎が好き。
普段意識していないけど、駅ってその町の玄関口、個人の人生でも、映画や歌のワンシーンでも色んなドラマが生まれ、描かれる場所。誰かを見送ったり、迎えたり、再会があったり。

老朽化や東京オリンピックに向けてなのか、ここのところ建て替えやら改装やらで何かと変化が激しいので、画像整理がてら記事にしてみました。たまたま降りたところで気まぐれに撮ったものばかりだけど、何年後か見たときに、きっと懐かしさに笑顔がこぼれるはず。

f:id:akarimoti:20170129114134j:plain

東急電鉄「田園調布」駅(東京都・大田区)

1924(大正13)年竣工。1990年に工事のため、一端解体されて、2000年頃に忠実に再現されたそう。1924年というと前の年には関東大震災、そう思うと歴史を感じます。

(撮影:2014年3月)

 

JR総武線「両国」駅(東京都墨田区)

1929年(昭和4年)竣工。
国技館の最寄駅。近くには「旧安田庭園」「東京都慰霊堂(関東大震災と東京大空襲の犠牲者を慰霊)」「東京都復興記念館」「赤穂浪士が討ち入りした吉良上野介の屋敷跡(の一部)」などもあり。最初は「私鉄・総武鉄道」、苦労して開通した3年後の明治40年に国有化。このあたりにはもともと旧日本軍の軍事施設が多く、輸送力の確保と強化の国策が理由らしい。だったら必要だとわかってたんじゃないの?と思ってしまった(笑)。

(撮影:2015年11月)

 

JR山手線「原宿」駅(東京都・渋谷区)

開業は1906年(明治39年)、現在の原宿駅の建物は1924年(大正13年)に完成。都内の木造駅舎としては最古らしいけど、2020年の東京オリンピックに向けて建て替えられるとか。これだけ人の出入りが多いのに、駅ビルがないって都内では珍しい気もするものね。
(撮影:2015年10月頃)

 

東京駅(千代田区丸の内)

もう既にいろんな人が書いているから、概要は省略。写真は2012年のリニューアル前のもの。
(撮影:2003年とか2004年とかそのあたり)

 

季節はずれでごめんなさい。
駅といえば、JR東海の「シンデレラ・エキスプレス」のCMを思い出す、私はそんな世代です。
山下達郎さんや松任谷由実さんの曲に乗せ(←これがまた切ない)、スカイプもメールも携帯電話も格安チケットもない時代の遠距離恋愛のカップルを描いています。
その当時、本当に、新幹線に乗って行ったり来たりしていたカップルはたくさんいたんですよ。

余談だけど、CMのクオリティも高かったような・・・。