読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

[本]わたしのリハビリ闘争 -最弱者の生存権は守られたか

治療やリハビリ、介護・看護などが成り立つためには、国そのものが平和であることはもちろん、国の制度もとても大切。2006年に政府が行った診療報酬改定により、公的医療保険で受けられるリハビリ医療に上限日数が儲けられた。

それって、死活問題じゃないの?そう思いながら父娘で読んだ本。
自分の若い頃と比べても医療技術は発達し、病院のクオリティも改善されていると思うけれども、その一方で制度はどんどん厳しいものになっていくような気が。今、介護をしていなくても、将来を考え始めたり、リハビリをしている人の気持ちも知りたい方にも、ご一読頂きたい一冊。

題材がリハビリだからではなく、タイトルの「闘争」という言葉に激しい時代を生き抜いて来られた世代の方を思い浮かべたのだけど・・、

 

著者の多田富雄さんは1934年(昭和9年)生まれとのこと。ナルホド。

これが昭和40年代や50年代以降の生まれだと「闘争」という言葉は使わないだろうし、その重みも激しさもわかっていないと思う。
(それにしてもこの世代の方は、物事を本当によく考えると。この世代を親に持ちながら子世代のぼんやりしてること・笑)

著者の多田富雄さんは脳梗塞で倒れた後、リハビリをしながら(ド根性の)執筆活動やこの制度の反対運動をされていた。2005年12月に放送された「脳梗塞からの “再生”免疫学者・多田富雄の闘い」をご覧になってご存知の方もいらしゃるかもしれない。

 

また、「はじめに」が37ページに及んでいることからも、強い思いを感じる。制度批判に焦点は充てられているものの、命や人権のこと、患者さんにとって闘病やリハビリがどういうものか、など、健常者には到底想像しきれない様々なことも書かれていて、胸に響いた。これは決して他人事ではない。

一部引用させていただくと、

脳血管疾患では、確かに180日を過ぎると、麻痺は固定化し、急性期、回復期のように、目だった回復は望めない場合が多い。今回の改正も「回復の効果が明らかでないから」を理由に挙げている。でもこの時期のリハビリは、無限に機能回復を目指したものではない。(中略)この時期は維持期と呼ばれ、拘縮を防ぎ、筋力を維持することに重点が置かれる。この時期のリハビリは、寝たきりになるのを防ぎ、廃人とならずに社会復帰を促す、大切な医療行為である。

これを打ち切ってしまうというのは、かえって医療費がかかったり、人を管だらけにしてしまうのではないか?尊厳はどうなるのか?と、国は危惧しなかったのか??打ち切った後のこと(受け皿)はどうするつもりなんだろう???などなど疑問がいっぱい。

私と同じように、180日を過ぎた慢性期、維持期の患者でも、リハビリに精を出している患者は少なくない。それ以上機能が低下しないよう、不自由な体に鞭打って、苦しい訓練に汗を流している。なとしてもドロップアウトすまいと、歯を食いしばって、つらい訓練に励んでいるのだ。

我が父の場合、脳出血だった。
その当時、同じ病室の患者さんのご家族も「180日で病院を出なきゃいけないらしいのよねぇ」と、みなさん、思わず不安が口をついて出ていた。

リハビリ開始したての頃、家族としても見ていられない程つらいものだったけれど、本人はどれほどだったろうと思う。頭もぼんやりしているし、身体も細く小さくなっていて体力もあるわじゃない、ついこの間まで自由に動かせた体が全く動かない、わかってたはずのことがわからなくなったことに気づく、そんな現実が突然襲ってきたら、とても受け止められるものではないと思う。


父はそのときのことをこう回想する。
「1年くらいは、自分が生きているのか死んでいるのかわからなかった。生きてはいるのだろうけれども、現実味がない。」

 

リハビリの先生方に支えられ、動かないものを動かそうとし続ける、自力で身体を必死で支えようとする、面白味を見出せない単調な作業をひたすら繰り返す・・。

そういうつらいことが、毎日の生活であり、生きている証だった。「生きていること自体が仕事のようだと思った」とも父は言う。回復を信じ、生きようとしていく力を父も持っていたし、多くの患者さんもそうであると思う。

本人の努力や先生方の尽力があり、父も少々の麻痺は残ったものの驚くほど回復し、自分でトイレに行き、少々制限はあっても食べたいものをある程度食べ、自分の足で住み慣れた町を歩き、娯楽を楽しめるまでになった。本人も一時は「もうだめだ」と何度も諦めかけたという。
そうした可能性があろうがなかろうが、日数で判断して打ち切ってしまうということがどういうことなのか。

障害を持ってしまった者の人権を無視した今回の改訂によって、何人の患者が社会から脱落し、尊厳を失い、命を落とすことになるか。そして一番弱い障害者に「死ね」と言わんばかりの制度を作る国が、どうして福祉国家といえるのであろうか。

制度の怖さの1つは、こういうところじゃないかと思う。

切り捨ての効果は、すぐには表れない。真綿で首を絞めるように、じわじわと生活機能を奪っていく。

今、介護がなくても将来どうなるのかというのはただでさえみんな不安なのに、状況はますます悪くなっている。もう、ジロジロ見るくらいの眼力で、いろんな制度はチェックしていかないといけない(笑)。


【追記】
多田富雄さんは2010年4月にお亡くなりになりました。生前のご活躍に感謝すると共に、心よりご冥福をお祈りいたします。