読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

[台湾]四重渓温泉:清泉日式溫泉館 ~旧・山口旅館(屏東縣・車城郷)

実は台湾も「温泉王国」。南部にある四重渓温泉(スーツォンシーウェンチェン)に行ってきました。台湾北部(陽明山温泉、北投温泉)、南部(泥温泉の関子嶺温泉)にある四大名湯の1つに挙げられ、その水質は台湾で一番いいという高評価。 今回は、日本統治…

[台湾]日本統治時代の建築(3):華山1914(台北市)

台北の光華商場の近く、日本統治時代の酒造工場の跡地だった廃墟をアートスペースにした場所、「華山1914(Huashan 1914 Creative Park)」。芳醸社という日本の酒造メーカーの工場として1914年に建てられ、台湾最大の酒造工場だったといわれている。 光華商…

[台湾]日本統治時代の建築(2):糯米橋(南投縣・國姓鄉)

日本統治時代の建築を見ては複雑な気持ちになることがある。当時の日本人のご苦労に思いを巡らせつつも、台湾の人々にとっては「負の遺産」ではないのかとか、再開発する方が楽なんじゃないかとか。日本では古いものを次々壊して新しいビルや高層マンション…

[台湾]猫鼻頭からバシー海峡をのぞむ、戦没者のこと(屏東縣・恒春鎮)

台湾の最南端エリア・墾丁に行ったときに立ち寄った猫鼻頭(マオビートウ)。ここからバシー海峡の方向を眺めてとき、思わず合掌。この美しい海に多くの日本人が海底に沈んでしまったことを、今の日本人はどれだけ知っているだろう。 実を言うと、ちゃんと知…

[台湾]ノスタルジックな港町:鹿港(彰化縣鹿港鎮)

台湾中部の人気スポット「鹿港(ルーガン、台湾語:ロッカン)。台湾文化史の「鹿港期*」を築き上げたほど、栄えていたところ。*鹿港期:大陸との交易による経済力を背景に多くの文学者や書家を輩出した。全盛期は1785年~1845年頃。中国・福建との貿易港だ…

[台湾]921大地震の震源地:九份二山

1999年9月21日1時47分(現地時間)。マグニチュード7.6。震源地は、台湾中部の南投縣集集(ジージー)鎮の九份二山、その威力の大きさから「爆心地」とも呼ばれているところ。 ここも以前は、緑豊かな美しい山々で、集落ではごく普通の人達の、ごく普通の暮…

[台湾]日本統治時代の建築(1):阿里山の樹霊塔(嘉義縣・阿里山郷)

日本統治時代の建築のごく一部しか観ていないけれど、中でも特に印象的で、出会えてよかったものの1つ。木の霊を慰めるために建てられた「樹霊塔(シューリンター)」。 当時の日本人は、木々にも人間と同様に「魂」があると考え、大切に切り、大切に運び、…

[台湾]阿里山の雲海(嘉義縣・阿里山郷)

年中暑いイメージの台湾でも、秋から冬のかけての時期、山に登るとこんなきれいな雲海が見られることが。場所は、台湾最高峰の玉山(ユイシャン)の西側の国家風景区「阿里山」。 雲海を見る=冷え込む時期に気合いを入れて山奥へ・・というイメージがあった…

[映画]ピエロの赤い鼻(2004年・フランス)

横浜の小さな映画館で、随分に前に父と観た映画。父が戦争を知る世代だから、「映画を観に行こう!」とか「何かDVD借りよう」というと、大抵こんな感じのものに・・・。父なりに戦争について、何か伝え、考えてほしいという思いがあったのだと思う。一方で、…