キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

レトロ

旧・軍人会館:九段会館

九段会館(旧・軍人会館)1934年(昭和9年)3月竣工。どんな建築にも歴史や物語があると思うけど、ここも昭和史の舞台となった建築の1つ。 「二・二六事件(1936年・昭和11年2月26日) 」の司令部があったところ。二・二六事件とは、若き陸軍の青年将校たち…

日比谷公会堂と、アーカイブカフェ【閉店】

日比谷公会堂は1929年(昭和4年)に竣工。日比谷公園にあること自体、既に激動の歴史のニオイ。東京の空襲で唯一焼け残ったと言われている音楽ホールと市政会館。 ここから歩いて10分もかからない場所は一面焼け野原になってしまったのですが・・・。奇跡的…

昭和の喫茶店:パーラー・キムラヤ(港区新橋)

オシャレなカフェもいいけど、「純喫茶」と呼ばれるレトロな喫茶店も好き!今回行ったのは、新橋駅前ビル1号館の地下にある「パーラー・キムラヤ」。昭和41年創業だそう。 フルーツポンチ。短く切られたストローが2本。アベック(←カップル)向けということ…

タイムトラベル(1):新橋・堀商店ビル/1945(昭和20)年9月

終戦から70年以上が経ちました。当時を知る人達にとっては、今の東京の街にはもう懐かしさはないだろうし、当時を知らない私たちにとっては、この街に激しい空襲があったことは聞いていても、全く想像がつきません。 今見ているこの場所の終戦直後だった70余…

古い駅舎が好き:海外編(1)台湾

10年くらい前、友人が住む台湾に遊びに行った時、歩きながら何気なくカメラを向けた駅舎の写真。日本統治時代に建てられたものばかり。 旧・高雄駅台湾南部の都市「高雄(カオシュン)」。1940年竣工なので、日本統治時代の終わり頃ですね。(撮影2006年10月…

ニコライ堂@御茶ノ水

御茶ノ水のシンボル的なレトロ建築、ニコライ堂。近代的なビルとの対比もすごくて、ここだけちょっと異空間。正式名称は「東京復活大聖堂教会」で、ギリシャ正教とも呼ばれる「正教会」だそう。 名前も建築もロシアっぽいのでロシア正教会かと思ったら、違う…

古い駅舎が好き:東京編(1)

新しい駅はきれいで便利だけれど、古い駅舎が好き。普段意識していないけど、駅ってその町の玄関口、個人の人生でも、映画や歌のワンシーンでも色んなドラマが生まれ、描かれる場所。誰かを見送ったり、迎えたり、再会があったり。 老朽化や東京オリンピック…

近江屋洋菓子店(千代田区・神田淡路町)

昭和を思い出させるショートケーキ!ふわふわのスポンジケーキと、それほど甘くない生クリーム、大きなイチゴ。昔、子供の頃に誕生日に買ってもらったり、誰かが買って来てくれたあの味!最近のケーキほどお酒やバターを使ってないので、人によってはお砂糖…

[昭和の名残り]団地のある風景

ここ数年、昭和(戦後)を築いた世代の人達が次々と天国へ行ってしまったことを強く実感していたけど、それに伴ってかどうか、町並みもどんどん変わっていることも実感。新しいものに嬉しくなる一方で、見慣れたものが無くなっていくことに対する寂しさもあ…

[マカオ]夜の景色 (1) 街並み:福隆新街→ポンテ16付近まで

ここは昔の歓楽街、福隆新街。日本でいう「花街」。セナド広場の前を通るアルメイダ・リベイロ通りから少し入ったところなのに、旅館、娼館、博打場、飲食店、阿片窟があったそう。 現在は娼館は廃止され、賭博場も他の地域に移ったため、女性2人でもあまり…

[台湾]四重渓温泉:清泉日式溫泉館 ~旧・山口旅館(屏東縣・車城郷)

実は台湾も「温泉王国」。南部にある四重渓温泉(スーツォンシーウェンチェン)に行ってきました。台湾北部(陽明山温泉、北投温泉)、南部(泥温泉の関子嶺温泉)にある四大名湯の1つに挙げられ、その水質は台湾で一番いいという高評価。 今回は、日本統治…

[台湾]日本統治時代の建築(3):華山1914(台北市)

台北の光華商場の近く、日本統治時代の酒造工場の跡地だった廃墟をアートスペースにした場所、「華山1914(Huashan 1914 Creative Park)」。芳醸社という日本の酒造メーカーの工場として1914年に建てられ、台湾最大の酒造工場だったといわれている。 光華商…