読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キロクのブログ

変わりゆく風景やものを単なる私的思い入れで記録中。意外とのんびりしてられない。

[HTML・CSS]CSSでエフェクト:hoverで文字が拡大する

何度引越してもずっと白が基調の我がブログ。 地味で無機質になりがちなので、マウスオーバーしたとき、その部分がほわっと拡大するエフェクトを付けてみました。【例】 ここからトップページに飛びます。 jQueryなどのJavaScriptを使わず、CSSのみで簡単に…

日比谷公会堂と、アーカイブカフェ【閉店】

日比谷公会堂は1929年(昭和4年)に竣工。日比谷公園にあること自体、既に激動の歴史のニオイ。東京の空襲で唯一焼け残ったと言われている音楽ホールと市政会館。 ここから歩いて10分もかからない場所は一面焼け野原になってしまったのですが・・・。奇跡的…

精麦工場を再利用:MOKICHI FOODS GARDEN(茅ヶ崎市元町)

茅ヶ崎は、北口に下りようが南口に降りようが、どっちも目に入るのはチェーン店ばかり。駅ビルも小さい。「ここが湘南?雑誌に載ってるようなおしゃれな店ってほんとにあるんだろうか?わざわざこっちに引越までして住む人達は、何故決めたんだろう?」湘南…

昭和の喫茶店:パーラー・キムラヤ(港区新橋)

オシャレなカフェもいいけど、「純喫茶」と呼ばれるレトロな喫茶店も好き!今回行ったのは、新橋駅前ビル1号館の地下にある「パーラー・キムラヤ」。昭和41年創業だそう。 フルーツポンチ。短く切られたストローが2本。アベック(←カップル)向けということ…

タイムトラベル東京(2):たぶん、品川区/1946(昭和21)年

終戦後まもない昭和21年の第二京浜の風景。こんなに遠くまで見渡せるほど焼かれたんだなあ・・。 写真はだいぶ焼け跡整理が進んできれいになってきたところという感じ。戦争で働き盛りの若い男性達が極端に少なくなってしまった当時の日本では、こうした過酷…

タイムトラベル東京(1):新橋・堀商店ビル/1945(昭和20)年9月

終戦から70年以上が経ちました。当時を知る人達にとっては、今の東京の街にはもう懐かしさはないだろうし、当時を知らない私たちにとっては、この街に激しい空襲があったことは聞いていても、全く想像がつきません。 今見ているこの場所の終戦直後だった70余…

古い駅舎が好き:海外編(1)台湾

10年くらい前、友人が住む台湾に遊びに行った時、歩きながら何気なくカメラを向けた駅舎の写真。日本統治時代に建てられたものばかり。 旧・高雄駅台湾南部の都市「高雄(カオシュン)」。1940年竣工なので、日本統治時代の終わり頃ですね。(撮影2006年10月…

失われていく戦争の記録@骨董市にて

神奈川県藤沢市の龍口寺(日蓮宗)の骨董市は毎月第3日曜日。(モノレールの江の島駅のすぐそばです。)ここ数年かなあ、骨董市に行くと出征前に撮った写真や訓練中の写真、軍事郵便などが売られているのを普通に見かけるようになりました。 ご家族のところ…

ニコライ堂@御茶ノ水

御茶ノ水のシンボル的なレトロ建築、ニコライ堂。近代的なビルとの対比もすごくて、ここだけちょっと異空間。正式名称は「東京復活大聖堂教会」で、ギリシャ正教とも呼ばれる「正教会」だそう。 名前も建築もロシアっぽいのでロシア正教会かと思ったら、違う…

古い駅舎が好き:東京編(1)

新しい駅はきれいで便利だけれど、古い駅舎が好き。普段意識していないけど、駅ってその町の玄関口、個人の人生でも、映画や歌のワンシーンでも色んなドラマが生まれ、描かれる場所。誰かを見送ったり、迎えたり、再会があったり。 老朽化や東京オリンピック…

[HTML・CSS]記事に表を挿入する

あんまり使うことはないかもしれないけど、記事の中に表を入れるとき。たとえば、こんな感じの表。 .table3 { border-collapse: collapse; } .table3 th { background-color: #cccccc; } 列-A列-B 行-1A-1B-1 行-2A-2B-2 行-3A-3B-3 <tr><th></th><th>列-A</th><th>列-B</th></tr> <tr><td>行-1</td><td>A-1</td><td>B-1</td></tr> <tr><td>行-2</td><td></td></tr>…

[HTML・CSS]CSSでエフェクト:画像の縁をほわっと装飾

CSSを使って画像の縁をふんわり見せる装飾をしてみました。 「box-shadow」を使うと、「水平方向の距離」「垂直方向の距離」「ぼかし距離」「広がり距離」「影の色」を指定することができます。 .img { margin:5px 5px; padding: 2px; background: #fff; -we…

[昭和の名残り]団地のある風景

ここ数年、昭和(戦後)を築いた世代の人達が次々と天国へ行ってしまったことを強く実感していたけど、それに伴ってかどうか、町並みもどんどん変わっていることも実感。新しいものに嬉しくなる一方で、見慣れたものが無くなっていくことに対する寂しさもあ…

[マカオ]カジノエリアの風景

目がチカチカするほどのネオン、まさに不夜城。マカオ半島と路氹城海區(コタイ地区)に大きなカジノ・エリアがあるけれど、マカオ半島のカジノの方が古そう。 カジノというと、ラスベガスを思い浮かべるけど、2006年頃からマカオの方が売上が高く、マカオは…

[マカオ]夜の景色 (1) 街並み:福隆新街→ポンテ16付近まで

ここは昔の歓楽街、福隆新街。日本でいう「花街」。セナド広場の前を通るアルメイダ・リベイロ通りから少し入ったところなのに、旅館、娼館、博打場、飲食店、阿片窟があったそう。 現在は娼館は廃止され、賭博場も他の地域に移ったため、女性2人でもあまり…

[マカオ]またB級だけど、咖喱魚旦と豬扒包

B級食ばっかりじゃないか!と言われることを承知でエントリー。 今回は、「咖喱魚旦(フィッシュボール in カレーソース)」と「豬扒包(ポークチョップバーガー)」です。後者はマカオ名物として、いろんな方がブログに書いていたけど、フィッシュボールの…

[マカオ]世界遺産巡り(7) 祈りと防衛~天主堂跡→ナーチャ廟→旧城壁→モンテの砦

マカオに来たら、夜に見る世界遺産や古い街並みもいいと思う! 聖ポール天主堂跡(大三巴牌坊、Ruínas de S. Paulo)。昼と夜に行ってみました。 マカオに来たら、夜に見る世界遺産や古い街並みもいいと思う! 聖ポール天主堂跡(大三巴牌坊、Ruínas de S. P…

[マカオ]世界遺産巡り(6) 聖ドミニコ→カテドラル→大堂広場

この教会もきれいに塗り直され過ぎ、建築様式以外はそれほど「歴史」を感じないかも。せめてもう少しレトロな感じはあってもいいかな、「塗り過ぎだよ!!」と思いました(笑)。 気のせいかな、教会はイエロー系に塗り替えられていってるけど、竣工当時は何…

東京タワー(港区芝公園)

スカイツリーにその高さと話題を譲っても、人気を保ち続けている東京タワー。 すごーく久しぶりに行ってきました。東京在住や在勤だと意外と行かない場所の1つ。 レトロ建築というとデザイン性のあるビルや住宅に気を取られるけど、昭和の建築として代表的…

[マカオ]世界遺産巡り(5) リラウ広場→港務局ビル→バラ広場→媽閣廟

これも世界遺産?と見過ごしそうなものも含めて、半日で半分くらいは巡ることができました!見過ごしそうなものって?それがこちら(↓)。これが「リラウ広場」です。ちっちゃ・・・。 大きなガジュマルの木は見事だけれど、どちらかというとその周辺の住宅…

[マカオ]世界遺産巡り(4) 個人の邸宅も世界遺産?鄭家大屋

孫文や毛沢東に影響を与えた思想家&文豪の鄭觀應の邸宅。小さいマカオ半島で4000平方メートルの敷地と、見事な中国建築と西洋建築のMIXに圧倒。 あと、国土面積の違いか、考え方の違いか。日本人は権力やお金を持つと、敷地の広さはもちろんだけど、高い建…

[マカオ]世界遺産巡り(3) 聖ヨセフ修道院及び聖堂→聖ローレンス教会

マカオの世界遺産は(いまのところ)、ごく一部を除いて、教会でも内部の撮影はOKだし、日本のお寺のように拝観料を取ることもないから気軽に観光できました。警備の人もいるけど、監視している感じもなく。 管理人はクリスチャンじゃないので、教会でどうし…

[マカオ]世界遺産巡り(2) 聖オーガスティン教会→ドン・ペドロ5世劇場→ロバート・ホー・トン図書館

世界遺産じゃなくとも見てて面白い町並み。民政総署の横道に入ると、この光景。パステルカラーのポルトガルっぽい建物の隣には、古い集合住宅。マカオは西洋と東洋の文化が入り混じり・・と聞いていたけど、こんなに細かく入り混じっていたとは。 世界遺産も…

[マカオ]世界遺産巡り(1) 民政總署大樓→セナド広場→仁慈堂→三街会館

世界遺産を巡りのスタート地点に設定したセナド広場に向かっていたら、その前に出会った世界遺産「民政總署大樓/Edifício do IACM (民政総署ビル)」。宿泊先のホテル・シントラから歩いて10~15分くらい。 ここは、ポルトガル統治時代から現在に至るまで、…

[マカオ]マカオってこんなとこ、私的メモ

香港からフェリーで行くのが主流だからか、香港旅行のオプションのイメージがあったけれど、マカオだけでも十分楽しめる!との声も(ギャンブラーではなく)。思い浮かぶキーワード:香港の近く、ポルトガル統治、港町、カジノ、世界遺産、マカオGP、人口密…

[マカオ]やっぱり気になるお金の話~両替

使うところにはきちんと使い(たとえば安全に関わるとか)、うまく抑えられるところは工夫する、それも旅の楽しみと言えるかも。マカオの通貨は、「パタカ(MOP)」と「アボス(AVOS)」、ドルとセントみたいな感じ。香港ドル(HKD)も流通しているけど、人…

[マカオ]朝5時まで、広東B級「老記海鮮粥麵菜館」

カジノは24時間営業、夢中になって気づいたら夜中になってたという人向けなのかどうかは知らないけれど、夕方18時から朝5時まで営業しているおいしいお店「老記海鮮粥麵菜館」。宿泊しているホテルシントラからすぐ近く。昼間の想像以上の暑さと湿気で、夜に…

[マカオ]宿は新麗華酒店~HOTEL SINTRA

世界遺産巡りがしたかったので、その近くに宿を予約することに。安い宿(特にアジアの場合)は、やめた方がいいという友人のアドバイスをもとに、アゴダや楽天トラベル、エクスペディアで検索。 候補に挙がったのが富豪酒店(ホテルビバリープラザ)。場所を…

[マカオ]空港⇔ド派手なLISBOA付近まで

空港からLISBOA(リスボア)付近まで行くとき、フェリー乗り場ほど交通は充実しておらず、ホテルの無料送迎バスも通ってない模様。フェリーはマカオ半島に発着しているけど、空港は橋の向こうの氹仔(TAIPA)地区。 GALAXYとかベネチアンとか、路氹城海區(コ…

[マカオ]市場でゴハン?營地街市

三街会館のすぐ近くにある「營地街市市政綜合大樓 Complexo Municipal de S. Domingos」。ビルに入った食料品の市場。野菜、果物、魚、肉、卵、乾物、花などが売られていました。3F(実質上4F、階数の数え方が違う)にある食堂は他で食べるよりちょっと安い…

[マカオ]澳門航空で行く、マカオ!

澳門(マカオ)に行ってきました。香港からフェリーで行くものと思ってたけど、澳門航空がANAとの共同運航で飛んでいて、11月11日から毎日就航になったそう。ちょうどキャンペーン中だったみたいで、e-チケットを見ると、全部込みで24,780円(明細を見ると航…

アートアクアリウム@京都・二条城

TVでも紹介されてるのでご存知の方も多い、アートアクアリウム。京都に行くならついでに行きたいけど、無理かな~と半ばあきらめていたのですが、22:00までやってるんですね。間に合いました。 普段入れないであろう、夜の二条城(世界遺産)。もちろん歩け…

[マカオ]牛のマークの牛乳プリン

エッグタルトもよいけど、いまやマカオ名物と言われている牛乳プリン。濃厚ミルク味とつるつる&なめらかな食感。普段こんなに牛乳飲まないけど、おいしいプリンにしたら摂取できる!発祥は広東省。さすが、よく考えたなあ。 牛のマークでお馴染みの牛乳プリ…

[マカオ]ポルトガル菓子、Pastéis de Nata(エッグタルト)

ポルトガルのお菓子「Pastéis de Nata(パスティス・デ・ナタ ←複数形)」。つまり、エッグタルトとしてお馴染みのカスタードが入ったサクサクのパイ。モゥ、本当においしい! マカオではあちこちで売られているけど有名なのは、「澳門安徳魯餅店(Lord Stow…

バクハツ空間:岡本太郎記念館(港区青山)

「太陽の塔」などのキョウレツな作品や、「芸術は爆発だ!」の台詞でお馴染みの岡本太郎さんのご自宅兼アトリエ。1997年(享年84歳)に亡くなった後、記念館として公開されている。 ここが芸術家の仕事場、太陽の塔の構想もここで練られたとか。 しおれかけ…

[本]真実のインパール / 敵国との和解、継承

書籍というより資料と言った方が正しいかもしれない本。昭和19年の戦局が劣勢となった日本には既に物資はなく、輸送ルートも次々と断たれていき、既に現地調達に頼らざるを得なっていた。 「もし途中に村でもあればそこで米を徴収できるだろう」と言われて送…

死別がテーマの動画「Walking Tour」~いなくなった人なんていない

死別をテーマにしたFlashアニメ「Walking Tour」。2002年にsaparaさんによって制作されて以来、ネット上で広まり、大切な人を亡くされた人々の心を慰め続けているそうです。 本当に死後の世界はあるのかどうかは別として、「またあの世で会える」という思い…

「この時代に生きる私達の矛盾」

私は、自宅で父を看取りました。 昔みたいに死に立ち会うことが無くなった現代では、看取る側もわからないこといっぱいです。最期に父の苦痛を軽減・緩和してあげたいのと同時に、息を引き取るそのときまで父らしく居てほしい。 そして、戦前という大変な時…

湘南、駅近の路地裏カフェ:すずの木カフェ

茅ヶ崎は、いかにも湘南という感じのお洒落なお店が軒を連ねてるわけでもなく、目立たないところに素敵なお店が点在。なので、駅の近くで食事 or 待ち合わせするときは、ちと困る(>_<)。 探せばあるもので、駅近なのに静か+オーガニック、そしてミニギャ…

公園内のカフェ:日比谷松本楼(千代田区日比谷公園)

公園の中にあるレストラン。日比谷公園の中にある「日比谷 松本楼」、100年を超える歴史を持つ老舗、個人的には大好きです! 都心には珍しい、緑に囲まれたオープンカフェ(だけど、実は激動の歴史)。

ヘッダ画像はここで撮影&加工はJTrim

ブログを作るとき、きれいなフリー画像を使うというのも一案だけど、なるべく自分で撮ったものを使うようにしています(スマホかコンデジだけど)。 下手なりに撮った画像を下手なりにフォトレタッチソフト「JTrim (作者:WoodyBellsさん)」というツールで…

湘南の海辺カフェ:サザンビーチ・カフェ(茅ヶ崎市中海岸)

目の前がサイクリングロードと海と砂浜!三浦半島や江ノ島、烏帽子岩がよく見える。湘南ならこういうお店も結構ありそうな気もしつつ、ここまで海辺に近いところは、滅多にないかもしれない。 サザンビーチカフェは、目の前に茅ヶ崎海岸の海水浴場。夏になれ…

湘南、ドッグカフェ:パシフィックデリ本店【閉店】

以前にご紹介した「パシフィックデリ 茅ヶ崎ラスカ店」、こちらが本店。駅からはすごーく離れているけど、海には割と近い。 分厚いビニールカーテンで、しっかり防寒。湘南っぽいカフェに行きたいって言われたら、ここは1つの候補かな? 【追記:2016年2月…

湘南の老舗ダイニンバー:インザチップス 【閉店】

茅ヶ崎の海岸まで歩けるところにある、つまり駅からは遠い住宅街の中にあるダイニング・バー「in the CHIPS(インザチップス)」。古き良きアメリカのインテリア。 ちょっと雰囲気いいでしょ。 【追記:2015年10月】閉店してしまったようで、BBQ屋さんになっ…

駅ビル、湘南カフェ:パシフィックデリ【閉店】

湘南にもお洒落なカフェはいろいろあるけど、多くは駅から少し離れたところに点在。茅ヶ崎駅の近くで湘南っぽいカフェはないかとか、待ち合わせついでにランチもしたいけどいい場所はないか?と訪ねられたら、真っ先に思い浮かべるのは、このお店かな。 パシ…

[本・ドラマ]歸國(2010年・TBS)

終戦ドラマスペシャル(TBS)でも放送された「歸國(きこく)」。「國」は読めたけど、「帰」の旧字体がパッと読めなかった・・・、世代ですねぇ。 「帰国」ではなく、旧字体で「歸國」なのがナントモ重い。たった数十年で、目にする文字もこんなに変わって…

[映画]A Borrowed Life 多桑~ToSan(1994・台湾)

台湾に行ったとき、ご年配の方々からお話を聞かせて頂く機会に恵まれた。日本統治時代が終わったときのこと、国民党時代に入ったときのこと、その後の生活、特に日本語を話せないお子さんへの思い、などなど。ちょうど、その方達のお子さんと同じ世代の私は…

[本]わたしのリハビリ闘争 -最弱者の生存権は守られたか

治療やリハビリ、介護・看護などが成り立つためには、国そのものが平和であることはもちろん、国の制度もとても大切。2006年に政府が行った診療報酬改定により、公的医療保険で受けられるリハビリ医療に上限日数が儲けられた。 それって、死活問題じゃないの…

[台湾]融資もしてくれるお金の神様?(1):紫南宮(南投縣・竹山鎮)

台湾はあちこちに廟があり、拝む人の姿をよく見かける。縁結びなら「月下老人」が有名だけど、条件を満たせば融資もしてくれる、妙に現実的なお金の神様もいるとう。しかもご利益ありと大好評。 こちら、竹山鎮にある紫南宮。 ここで借りたお金で商売をすれ…

[台湾]日本統治時代を知る人達

日本統治時代に教育を受けられた世代の方々との茶話会・飲み会の機会に、何度か恵まれた。台湾は日本人に対して人懐こく親切な人が多く、年配者ほど日本語を流暢に話すことはよく知られているけど、来てみると本当に多い! 反日感情を持つ人も当然おられると…